トイプードルのチャロと         日常のいろんなこと・・・


by charo-yobi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

大阪LOVER。

ここんところ、マイブームな大阪LOVER。
もちろんドリカムの曲です。

もともとドリカムが好きなので、
この曲が出た時から「いい曲だな~」と思ってましたが、
最近特にね(^^)

歌詞の内容は
「東京にいる彼女が、大阪にいる彼に会いに行く。
彼女は彼と結婚して大阪に住む気があるのに、
彼はなかなかプロポーズしてくれない。
大阪には彼以外、知ってる人はいないのに・・・。
それでも、
家族と離れてたって、彼と生きていきたいのに・・・。」
というような感じ。


突然ですが、実はワタクシ、
ダンナさんとは2年間、愛媛と大阪の遠距離恋愛してたんですね~。
結婚することは決まってたので、
歌詞の彼女のように
「プロポーズしてよ~~~」なんてことは思いませんでしたが、
この曲を聴いて、色々思い出してしまいました。

そういえば、こんな風に大阪に会いに行ってたな~。とか、
そういえば、だ~れも知ってる人がいなかったな~。とか。

今では『えっ!?大阪の人じゃないのぉ??』と驚かれるほど大阪に馴染みまくってて、
すっかり忘れてたんですけど(^^;
いやぁ~母は強しっ!!ですね。

結婚してしばらくすると、新しい自分の家が本当に「自分の家」になります。
実家が自分の家だったはすなのに、なんだか居心地が悪くて、、、。
私も、初めの頃は帰省時に実家が近づくと「うれしい~」って思っていたのに、
あるとき大阪に戻ってきて自宅近くの風景を見た途端、
「あ~~うちに帰ってきた!!!」
って思った自分にびっくりしたことがありました。


話せなかった関西弁がすっかり馴染んで、
それでも実家に帰って母と話すと、自然に伊予弁(松山の方言)に戻ってたのに、
この前、母に関西弁で話しかけてしまったワタシ。
びっくりしたし、ちょっと寂しかったし、ちょっとうれしかったし・・・。

そして後でわかったんですが、ダンナさんもあるときから同じように
「大阪の家が自分の家」と思ってたみたいです。
こうやって「家族」になっていくのかな~~なんてね(^^)
[PR]
by charo-yobi | 2008-02-23 20:54 | ひとりごと